LEDビデオウォール ご購入について

直視型LED技術は、多くのアプリケーションでますます重要性が高まっています。 主にエンターテインメントビジネスに関連する従来の屋内および屋外のLEDビデオウォール市場の次に、LEDは新しいアプリケーションを支配しつつあります。 これには、コントロールルーム、ロビー、デジタルサイネージが含まれます。 LEDディスプレイの高輝度、微細なピクセルピッチ(高解像度を実現)、ならびに優れた画質は、成功の主な要因です。

大きな影響を与える

Barcoは直視型LED技術のパイオニアです。 この市場では1990年代後半からイノベーターとされ、数多くのイベント(例:U2の革新的な360ツアー)を促進してきました。 この専門知識と市場への深い理解は、当社の需要な競争力となります。 たとえば、ファインピッチなLEDタイルだけでなく、独自のInfinipixTMによる画像処理も提供しています。 これにより、色や画質を損なわずに、リアルタイムでビデオウォールシステムを目的のレベルに調光するなど、多くの利点をもたらします。 このようにBarcoは、あらゆる環境や照明条件下のLEDディスプレイソリューションで大きなインパクトを与えます。

重要な環境でLEDを使用する理由

LED は、エンターテインメント分野での使用で最もよく知られていますが、テクノロジーをコントロールルームなどの重要な環境での使用に完全に適するものにすることができる数多くの強みも持っています。 まず第一に、LEDビデオウォールは完全にシームレスです。 通常、個々のタイルの間にベゼルまたはギャップがある(コンテンツ内に黒いラスターを作り出す)LCDディスプレイとは対照的に、LEDウォールの画像が静止することはありません。 これにより、コンテンツはディスプレイキャンバスのより広範な場所へと広がります。 英数字のコンテンツが静止することはないため、常に完全に読み取ることが可能です。

さらにLEDは、あらゆる環境での使用に適しています。 非常に明るく、日光の下でも機能しますが、BarcoのInfinipixプロセッサーを使用すると、明るさを失わずに減光することもできます。 さらに、解像度もニーズに合わせて調整できます。 LCDディスプレイとリアプロジェクションキューブの解像度は固定されていますが(通常はフルHD)、LEDパネルの場合はより多くの選択肢があります。 タイルはさまざまなピクセルピッチで利用できるため、コンテンツや視聴者までの距離などに応じて、ビデオウォールの解像度を選択できます。

Barcoは、すべての主要なビデオウォールディスプレイテクノロジー(LED、リアプロジェクション、LCDビデオウォール)を提供する数少ないメーカーの1つです。 これは、ポートフォリオではなく、お客様の要件に基づいたビデオウォールソリューションが提案できることを意味します。 アドバイスを受けたい方はお問い合わせください。

製品を比較する