ビデオウォール

Barco のビデオウォールディスプレイソリューションは、常に市場最高の品質を備えたソリューションです。 さまざまなテクノロジー(LCD、直視型 LED、LED リアプロジェクション、RGB レーザーリアプロジェクション)、サイズ、解像度を取り揃えている当社の製品ラインナップでは、お客様の用途にぴったりのソリューションが必ず見つかります。 当社の専用ソフトウェアと各種専門サービスにより、お使いのビデオウォールを最大限にご活用いただけます。

 

LCD ビデオウォール

ベゼル幅が狭い、またはベゼルレスのタイル型ビデオウォール用 LCD ディスプレイです。

LCD
ビデオウォール

レーザービデオウォール

高輝度で信頼性の高いレーザーリアプロジェクションキューブです。

レーザー
ビデオウォール

LED-lit ビデオウォール

主要な用途に使用できる、クラス最高の LED-lit リアプロジェクションキューブです。

LED リアプロジェクション
ビデオウォール

直視型 LED ビデオウォール

ビデオウォールコントローラーポートフォリオ

高品質で狭いピクセルピッチの屋内用 LED ビデオウォールです。

直視型 LED
ビデオウォール

ビデオウォールとは

ビデオウォール(またはディスプレイウォール)は、複数のディスプレイで構成された大型可視化システムです。 元々は、複数のテレビまたはモニターを隣接させて設置したものでした。 このように設置することで、1 つの大型ディスプレイに見せることを目的としていました。 しかしながら、問題はそれぞれのテレビの有効な表示画面の周りには幅広いフレーム(またはベゼル)がある点でした。 これでは、やっと作り出した単一のキャンバス効果も得られず、視覚性能も台無しになってしまいます。 それ故、導入された新技術は、ディスプレイとディスプレイの間の“ピクセルを表示しない空間”を最小限に抑えるというものでした。 現在のディスプレイウォールソリューションには一般的に、タイル型 LCD パネルリアプロジェクションキューブまたは直接型 LED タイルが採用されています。

ここで紹介したディスプレイウォールは、さまざまなサイズを取り揃えており、一般的なスクリーン寸法である 46 インチから 80 インチの間でお選びいただけます。 スクリーンサイズを選ぶには、よく表示するコンテンツやスクリーンまでの距離が重要になってきます。 至近距離で視聴する場合、ピクセル密度は個々のピクセルが分からないぐらいに高密度でなければなりません。 解像度はウォールのサイズによって異なります。 たとえば、4K ビデオウォールが必要な場合は、2x2 セットアップで 4 つのフル HD スクリーンが必要です。

代表的な用途として、コントロールルーム、会議室、デジタルサイネージ、その他の要求の厳しい環境などでの使用に適しています。

ここで紹介したそれぞれの技術には、ユーザー固有のニーズに応えるため、それぞれ違った利点がありますが、共通する項目も多数あります。 以下の点が共通しています。

  • スクリーンにコンテンツを表示するにはビデオウォールコントローラーが必要
  • サイズ(個別ディスプレイ数)に関する柔軟性が高い
  • 各タイルの輝度および色の設定が同じになるようにするキャリブレーション機構が必要。 Barco の自動キャリブレーション技術により、単一ディスプレイとウォール全体のキャリブレーションをリアルタイムで行います
  • 「ラスタ効果」に対抗するために、タイル間の隙間(または極細ベゼル)を最小限に抑える必要がある

LCD ビデオウォール

LCD ビデオウォールは特別設計の LCD ディスプレイで構成されています。 テレビに使われていたパネルとは違って、こうした LCD ディスプレイには極細ベゼルを採用しています。 これにより、パネル間の隙間は最小限に抑えられ、結果としてウォール全体を 1 つの大きなキャンバスのように見せることができます。 何年もかけて、この隙間は徐々に減少してきました。 現在、Barco UniSee では隙間を業界最小にまで抑えています。

LCD ビデオウォールは長期間の利用に適しています。 焼き付きリスクを抑える対策が施されており、最適環境下で長年にわたってご使用いただけます。 電源をオフにすることがほとんどない状態で、24 時間年中無休体制で繰り返し利用する場合に適しています。

従来の LCD ビデオウォールソリューションの利点は、高輝度、高画質でありながら比較的低価格である点です。 また、限られた配置スペースに配置できる点も利点の 1 つです。 欠点は、焼き付きのリスクがあり、寿命が短めである点です。 しかしながら最新のモデルではこうした欠点を低減することに成功しています。

LCD ディスプレイウォールは会議室、危機管理室、ロビー、体験センターなどでの使用に適しています。 他にも、交通機関およびセキュリティセンターのコントロールルームなどでご利用いただけます。

リアプロジェクションビデオウォール

LCD 技術の代わりにプロジェクション用に使われる、リアプロジェクションビデオウォールは、さまざまな用途での使用に適しています。 主に 24 時間年中無休体制で稼働するコントロールルームで利用されています。 たとえば、公共事業者などは、一般にリアプロジェクション技術を使ってネットワークを監視しています。

リアプロジェクションビデオウォールは、プロジェクターとスクリーンを備えた複数のキューブで構成されています。 プロジェクターは上方に位置しており、 45° に傾いたミラーが画像を反映して、投影画面に画像を映し出します。 こうすることで、奥行きを最小限に抑えることができます。 たとえば、Barco の OverView ODLF シリーズの奥行きはたった 60cm(23.6インチ)しかありません。 この高度なビデオウォールはまた、前面からアクセスできるので、背面のメンテナンスは必要ありません。

同技術の利点には、寿命が非常に長い、焼き付きリスクがない、キューブ間の隙間が狭い点などが挙げられます。 従来の欠点としては、輝度が限られており、配置に場所を取る点です。 Barco では、こうした問題の多くをレーザービデオウォールを導入することで解決しています。

LED ビデオウォール

最も優れたビデオウォールを開発するために、直視型 LED 技術を採用しました。 この非常に明るい画像に、視聴しただれもがあっと驚きます。 たとえば、LED ビデオウォールはリテールや広告設定、ならびにショーやライブパフォーマンスに使用されています。 LED ディスプレイのタイルは多数の個別カラー LED で構成されています。 遠方から視聴する場合(ライブパフォーマンスなど)、または非常に小さい場合には、ピクセルピッチがかなり大きくても構いません。

高輝度、タイル間幅がほぼない、鮮やかなカラーなどが直視型 LED 技術の主な利点です。 また、配置場所によっては、奥行きがあまりない点や重量も重要になってくるでしょう。 欠点は高額である点と、電力消費です。

Compare products